おかやま希望学園

資料請求資料請求サイトマップご相談・お問合わせ個人情報保護方針

おかやま希望学園:希望中学校

概要

希望中学校

ホーム

希望中学校 概要

平成29年度 吉備高原希望中学校 経営計画

指導方針

(1)「生活すべてが学び」の実践
  24時間を通した教育で、「生活力」と「学力」を身につけ、自立(自律)した生活力を育みます。

(2)自己決定の重視
  様々な生活の場で自ら選択する機会を持ち、自己決定していく生き方を身につけさせます。

(3)基礎基本の習得

 個に応じた学習活動を通して基礎学力の充実を図ります。(読み・書き・計算)

(4)進路保障

 将来生活へ向けての進路学習を通して、進路選択の機会を保障し社会に貢献できる人材を 育成します。(「夢づくり」)

生活に関する重点目標

(1).基本的生活習慣の確立

 @「早寝・早起き・朝ごはん」

 A清掃や整理整頓など身の回りのことを自主的にできるようにします。

 B日々の生活を見つめ、規則正しい生活習慣を身につけるようにします。

(2)社会性の育成

 @「あいさつ・返事・はきもの整理」

 A異年齢集団による共同生活を通して、協調性を養い、集団生活を営む力を養います。

 B学園行事や地域の方々との活動を通して、よりよい人間関係づくりの基礎・基本を養います。

学習に関する重点目標

(1)基礎学習の充実

 @各教科の指導は、分かりやすく、学習意欲の喚起に努めるとともに、習熟度別の学習、TTによる学習支援、個に応じた教材の活用などにより学力の充実を図ります。

  A朝・夜学習やスモールステップの学習プリントを取り入れ、自学する力・読解力・計算力などの基礎学力の向上を図ります。

(2)総合学習の充実

 @地域の方々、保・幼稚園児、小・中学生との交流活動の中で、コミュニケーション能力や自己表現の能力を高めます。

 A総合学習の活動の中で、成果を学園内外に発表する機会を持ち、達成感、充実感を味わわせます。

進路指導に関する重点目標

(1)保護者との面談や生徒との教育相談を通して、将来の進路についてお互いの理解を深めます。

(2)職場体験、ボランティア活動などの体験的な活動や計画的な学 習を通して、生徒が主体的に進路を選択できるような指導の充実を図ります。(「生き方プログラム」

(3)進路関係の資料・情報を収集、整理し活用できるよう工夫・改善に努めます。

生徒の理解と保護者や関係諸機関との連携

(1)日常生活での配慮や教育相談を充実し、生徒の希望や思い、悩みを把握し適切な支援を行います。

(2)週末の連絡帳や日常の連絡を通して保護者との連携を密にし信頼関係を築いていきます。

(3)保護者や関係機関と連携して、個別の教育支援計画及び教育指導計画を充実させ、 生徒の指導や将来の夢の実現に活用していきます。